クラスTシャツを自分たちの手で作る方法

チームの結束力を示すことが出来るクラスTシャツは、オリジナルな図や文字でチームの個性を表現することができます。同じカラーでデザインも合わせるパターンもありますし、柄を合わせて色を変える方法など、様々な表現方法で統一感を出すことが可能です。イベントが終わった後も、そのまま思い出として残すことも当然出来ることなのですが、せっかく記念に作ったクラスTシャツですので、色紙代わりにお互いにメッセージを入れることで、世界にたった1枚だけのクラスTシャツにすることもできます。気持ちを盛り上げ、チームを盛り上げ、その情熱を思い出にしていくために、クラスTシャツを作ってみてください。以前に比べてクラスTシャツと聞くと、Tシャツのみのイメージがある方も多いとは思いますが、現在はトレーナーやジャージ等様々なクラスTシャツも増えてきています。

様々なモノでクラスTシャツを作って団結しよう

先程、話題にも出した通り、以前はクラスTシャツと言えばTシャツだけのイメージをお持ちの方も多いとは思いますが、現在は様々な形になっていますし、もちろん以前からも様々なものがありました。例えば、あるお店で買い物したときのバッグにお店のデザインが入っていたり、タオルにデザインが入っていたりするものを見かけたことがあると思います。これらもそのグループの個性が表現されたものです。名前を聞くだけだとちょっとハードルが上がりそうですが、実際には身近に多く存在していることを知ると、せっかくチームに所属しているなら作ってみたいと感じますよね。服での統一がちょっと恥ずかしい方でも、タオル等であれば気軽にチームでの統一感に参加できると思います。では実際にはどんな柄や色でオリジナルなものを作っていけばいいのか悩むと思いますが、作成はとても簡単な手順になっていきます。

実際にクラスTシャツを作っていく手順

まずは先程出てきたように、服やタオルなど様々な商品に印刷できるので、商品を何にするかを決めることになります。次に柄や色を決めていくのですが、ここで気をつけておきたいのが、著作権や肖像権などについて注意が必要だという点があります。既存しているキャラクターや、商標登録をされている言葉などが保護されているために、むやみに使用できないことがあります。しかし、クラスTシャツ作成の業者に頼むことで、これらのリスクを回避することが出来ます。業者では、著作権などに引っかからないように対策がされている企業もあり、企業で取り扱っているデザインを使用することが出来ます。また自分たちで柄を描いたりすることも出来ます。企業によってはデジタル化もしてくれますので、あとは素材とデザインと発注枚数を指定することで作製してもらうことができます。