ネットで世界に一つのクラスTシャツ作成するおすすめ方法を紹介

文化祭や体育祭などの学園祭を行う際にクラスの団結力を高めるために効果的な方法の中に、クラスTシャツを作る事があげられます。それぞれの意見を出し合いながら作るTシャツは一生の思い出になり、学園祭を行う準備の中でも楽しみの一つでもあります。オリジナルTシャツの作る方法はいろいろあります。例えば、アイロンの熱で張り付けるアイロンプリントシートやステンシルと言って自分で印刷したデザインの型を作りTシャツにペイントする方法。他にも、布で作った型でペイントするシルクスクリーンプリント、オリジナルTシャツを作成しているお店に直接発注する、ネットで作成できるところに注文するなどオリジナルTシャツの作り方は様々です。この中で一番手軽にTシャツ作成できるのは、やはりネットで作成する方法です。

ネットで作る世界に一つのクラスTシャツを作成する方法

まず、クラスTシャツを作るために行う作業としてはどのようなお店があるかを検索することです。この時、しっかりとお店のサイトを見てどのようなプランがあるのか、料金はどのくらいかかるのか、デザインの自由度はあるのか、プリント方法は何か、支払い方法は何に対応しているのかなど確認するポイントは多いです。お店によっては、定番のデザインを少しアレンジするような方法から完全オリジナルのデザインを作成できるお店があり、プリント方法によってはできるデザインが限られてしまうものもあります。お店のサイトに制作実績を載せているところがあるので、それを参考に自分たちがやりたいデザインができるのか確認する事ができます。また、お店によってはプリント範囲が違うのでこちらも確認すると良いでしょう。表面、裏面だけでなく、袖部分まで印刷してくれるところもあります。

ネットでクラスTシャツを作る際の注意点とは。

ネットでクラスTシャツを作るのはとても簡単です。しかし、簡単に作れるからこそ注意しなければならない点もあります。それは著作権や肖像権です。肖像権とは個人が自分の顔や姿に対して無断で利用されるのを拒否できる権利です。肖像権に関してはクラスメイトの写真などを使用する際、みんなで相談するので大丈夫だと思いますが、著作権は作成した作品やデザインに対する権利です。自分たちのオリジナルのキャラクターをデザインの中に入れることは問題ありませんが、販売する訳ではなく、自分たちで使うからと言って自分たちの好きなキャラクターを使うことは、著作権侵害にあたります。また、ロゴやマークにも著作権があるのでこれらに注意して、世界で一つだけのオリジナルのクラスTシャツを作り、一生の思い出を作りましょう。