究極の激安印刷
激安印刷導入メリット

営業情報を全社で共有し迅速な受注につなげるSFA

20年以上前に米国で企業が売り上げや利益をアップさせるために営業活動の生産性を向上させることにITを活用し始めたのです。営業マンは自宅から職場までの通勤時間を節約し、直接顧客先へ出向いて営業活動を行い、その活動情報をITで処理しておいて一定期間まとめて営業マネージャーへ報告したことがSFAのスタートだったのです。従って、当初は上司の営業担当部下の管理ツールで、営業部門の自動化や省力化が目的だったと思われます。ところが、国内のビジネスにこの概念が取り入れられると、流行次第で嗜好の変わりやすいファッション関係では顧客一人ずつ異なる貴重な容姿情報や顧客からの引き合い情報などを営業マンだけがノートや頭の中に持っているだけにとどめず、営業部門全体、更に、商品やサービスに関わる関係部署全体で共有し、売り上げ増につなげる上で必要な情報を営業マンに伝えて迅速な営業活動につなげる、いわば、SFAの活用方法を営業活動の支援する方へ変えたのです。SFAには日報、営業案件とその進捗段階、顧客に関する詳細情報及び見積書や請求書等の作成機能があるので、同業他社との販売競争の中でⅠ件でも多く受注につなげるシステムなのです。

 

SFAを導入してみませんか

営業活動をする場合にはやはり、データが大切になって来る場合もあると思います。何でもかんでもデータというのは、良くないかもしれませんが、しかし、説得をする為にはやはりデータはとても大切になるのは間違い無いですよね。そういった諸々も含めてきちんと営業システムを作っていかなければならないのです。その場合に企業にとっても、営業マンにとってもその負担を軽減する物がありますよね。それが、SFAと呼ばれる物なのです。これは簡単に言えば、営業をする時に支援をしてくれるシステムなのです。このシステムを導入する事によって、様々な業務の効率化を目指す事が出来るのです。それによりスムーズな取引もする事が出来るのではないでしょうか。これはとても大きな事ですよね。そういった訳で、皆さんの会社にも、SFAを導入してはいかがでしょうか。

 

SFAを使って効率のよい営業活動をしましょう

営業をされている方はいつもの営業活動について、どのように管理されているでしょか。特に、訪問顧客数が多い方はそれぞれの面談状況や案件進捗状況、見込み確度など様々な事柄を整理する必要があります。昔であれば各営業担当者の頭のなかで全て管理していたということも少なくないと思います。しかし、より効率的な営業活動のためには、それらの情報をしっかりと管理し、さらに会社内で共有することが必要となります。そこで有効になるのがSFAというものです。セールス・フォース・オートメーションと呼ばれるものです。日本語でいうと営業支援システムというものです。これまで頭の中にしかなかった情報を、システムを使って管理することでより高精度なものになります。営業活動の情報管理や情報共有でお悩みの方は、一度SFAの導入検討をおすすめします。